ホーム > メディア文化論

メディア文化論

メディア文化論

メディアが多様な形態で発達を遂げた今日、私たちをとりまく文化はどう変容しているの か。文化という意味の網を読み解く!

著者 遠藤 英樹
松本 健太郎
江藤 茂博
ジャンル テキスト
社会・文化 > 文化研究
教養・共通科目 > 教養科目
シリーズ 人文・社会 > メディアの未来
出版年月日 2013/03/01
ISBN 9784779506147
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体2,400円+税
 

目次

第I部 メディア表象のメカニズム

第1章 マンガの「政治的無意識」
身体性を伴う「移動」の反転像(遠藤英樹)
1 はじめに
2 マンガから社会を見る
3 社会の反転像(ネガフィルム)としてのマンガ
4 マンガと移動(モビリティーズ)

第2章 貨幣というメディア
その機能と両義性(山本泰三)
1  はじめに
2 メディアとしての貨幣
3 万物の商品化 あるいは資本という形式
4 「売り」と「買い」
5 賃労働:商品世界で働くこと
6 金融化する世界
7 貨幣の両義性

第3章 テレビゲームが表象する死
インターフェイスが接続/切断するもの(松本健太郎)
1 はじめに
2 テクノ画像が表象する三人称の死
3 デジタルイメージのなかで合成される一人称の死
4 現実とゲームの相互形成性
5 結語にかえて


第4章 恋愛と旅の機能的等価性
「虚構の時代の果て」における聖なる天蓋(遠藤英樹)
1 はじめに
2 「理想の時代」「夢の時代」から「虚構の時代」へ
3 トレンディドラマから純愛ドラマへ
4 恋愛という「聖なる天蓋」
5 バックパッカーとは何か
6 旅という「聖なる天蓋」
7 むすび

第II部 メディア表象と歴史

第5章 メディアの歴史と文化
「言語」と「空間」の変容を中心に(松本健太郎)
1 はじめに
2 口承の時代(第1段階)
3 文字の時代(第2段階)
4 印刷の時代(第3段階)
5 電子の時代(第4段階)
6 メディア間の関係性の変容

第6章 パワースポットの想像力と変容
メディア・ツーリズム研究の可能性(山口 誠)
1 パワースポット化する神社?
2 ニューエイジ的パワースポット(1980年代-2001年)
3 スピリチュアル的パワースポット(2002年-2009年)
4 デトックス的パワースポット(2010年-現在)
5 おわりに:メディア・ツーリズムと社会的想像力

第7章 歴史を物語る
メディアの中で過去に生きた人物が動き出す(牛田あや美)
1 はじめに
2 拡張されたキャラクターのさらなる再生産
3 メディアに生きる人物
4 プライバシーの侵害 『エロス+虐殺』をめぐって
5 メディアを通して歴史を見つめ直す

第8章 共鳴する身体と音
喜劇映画の「笑い」を増幅する音響効果(大傍正規)
1 喜劇映画がもたらす「笑い」とは何か
2 さかさまの世界に付随する音
3 喜劇映画とアヴァンギャルド映画の架橋
4 身体と音の共鳴

第III部 メディア表象とアイデンティティ

第9章 映画と意味
『インド夜想曲』における記号解釈の多元性をめぐって(松本健太郎)
1 はじめに
2 言語記号と非言語記号の差異と関係性
3 記号を解体しながら進む『インド夜想曲』
4 影の隠喩と,その指示対象
5 ザビエルの亡霊としての主人公
6 「映画が自然化する記号活動」を異化する映画
7 結語にかえて

第10章 メディアを横断する少女
『時をかける少女』のメディアミックス(江藤茂博)
1 映像の中で変容する少女の物語
2 SFと純愛が出会う「記憶」の物語
3 『伊豆の踊り子』との比較
4 世代交代:「二次創作系」作品群の登場

第11章 トライブ化するサブカルチャー
島宇宙化するポストモダン(笹岡健太)
1 はじめに
2 オタクと現代社会
3 複数のデータベース,複数の快楽
4 島宇宙化するポストモダン
5 結びにかえて

第12章 メディアが「地域」を創る時代
コミュニティFMが創造する場(寺岡伸悟)
1 はじめに
2 メディアに「作られる」地域イメージ
3 作られることを「活かす」地域イメージ
4 コミュニティFM:メディアを飼いならす
5 地域メディアが創造する場
6 おわりに

このページのトップへ

内容説明

メディアが多様な形態で発達を遂げた今日、
私たちをとりまく文化はどのような変容を遂げつつあるのか。
読者をディスカッションへと誘う好評シリーズテキスト待望の第2弾!

●好評発売中!!
『メディアの未来』 シリーズ

 

●著者紹介(執筆順,*は編者)
遠藤英樹*(えんどう・ひでき)
関西学院大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。
奈良県立大学地域創造学部教授。
担当章:第1章・第4章

山本泰三 (やまもと・たいぞう)
京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。
四天王寺大学・愛知大学非常勤講師,阪南大学学習支援室学習アドバイザー。
担当章:第2章

松本健太郎* (まつもと・けんたろう)
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。
二松学舎大学文学部専任講師。
担当章:第3章・第5章・第9章

山口 誠 (やまぐち・まこと)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会情報学)。
関西大学社会学部教授。
担当章:第6章

牛田あや美 (うしだ・あやみ)
日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程修了。博士(芸術学)。
京都造形芸術大学芸術学部専任講師。
担当章:第7章

大傍正規 (だいぼう・まさき)
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。
東京国立近代美術館フィルムセンター研究員。
担当章:第8章

江藤茂博* (えとう・しげひろ)
立教大学大学院文学研究科博士課程後期満期退学。
二松学舎大学文学部教授。
担当章:第10章

笹岡健太 (ささおか・けんた)
京都大学大学院地球環境学舎博士後期課程修了。博士(地球環境学)。
近江八幡市立看護専門学校・滋賀県済生会看護専門学校非常勤講師。
担当章:第11章

寺岡伸悟 (てらおか・しんご)
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。
奈良女子大学文学部准教授。
担当章:第12章

#000002

このページのトップへ

関連書籍

メディア文化論[第2版]

メディア文化論[第2版]

メディアと文化を考える好評教科書の改訂版

 
メディアをつくって社会をデザインする仕事

メディアをつくって社会をデザインする仕事

大学生による社会起業家へのインタビュー集

 
 
認知資本主義

認知資本主義

「認知資本主義」を分析する初めての解説書

著者:山本 泰三
 
観光学ガイドブック

観光学ガイドブック

観光学研究はこの一冊からスタートしよう。

 
 
観光メディア論

観光メディア論

最新の知見から観光とメディアの未来を探る

著者:遠藤 英樹 編著
寺岡 伸悟 編著
堀野 正人 編著
 
メディア・コミュニケーション論

メディア・コミュニケーション論

コミュニケーションとは一体何であるのか?

著者:池田 理知子 編著
松本 健太郎 編著
 
 

このページのトップへ