ホーム > 観光空間の生産と地理的想像力

観光空間の生産と地理的想像力

観光空間の生産と地理的想像力

ツーリズムとイメージの関係を探る。南国、聖性、自由…。戦前から現代まで、わたしたちは「観光地」に何をみたのか。

著者 神田 孝治
ジャンル テキスト
地理学・人類学 > 地理学
地理学・人類学 > 観光学
出版年月日 2012/07/01
ISBN 9784779506659
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体2,600円+税
 

目次

序 章
  1 文化/空間論的転回と地理学における観光研究
  2 観光空間と地理的想像力
  3 空間の矛盾と観光空間の生産
  4 観光の文化/空間史と本書の構成

第1章 近代期における南紀白浜温泉の形成過程と他所イメージ
  1 はじめに
  2 湯崎温泉の形成まで─近代的開発前史─
  3 白浜温泉の形成過程
  4 南紀白浜温泉の形成過程
  5 おわりに

第2章戦前期における和歌山市の観光都市化と郷土へのまなざし
  1 はじめに
  2 臨海部の観光開発と和歌山市の観光都市化
  3 和歌山市の観光都市化と喜多村進にとっての郷土
  4 おわりに 

第3章 日本統治期台湾における国立公園の風景地選定と心象地理
  1 はじめに
  2 台湾における国立公園の選定過程とその特徴
  3 台湾における国立公園候補地をめぐる論争
  4 台湾における熱帯的風景と山岳的風景の心象地理
  5 おわりに

第4章 熊野の観光地化の過程とイメージの変容
  1 はじめに
  2 国立公園の指定と熊野イメージの変容
  3 リゾート地から世界遺産への変容と熊野のイメージ
  4 おわりに

第5章 沖縄イメージの変容と観光空間の生産
  1 はじめに
  2 戦前期における沖縄観光の成立と心象地理
  3 戦中期における文化への注目と観光をめぐる文化政治
  4 米軍統治期における観光資源の変容と観光開発構想
  5 本土復帰以降の沖縄観光と沖縄国際海洋博覧会
  6 おわりに

第6章 与論島観光におけるイメージの変容と現地の反応
  1 はじめに
  2 与論島の観光地としての系譜
  3 観光ブーム期の与論島イメージとコンフリクト
  4 映画『めがね』による与論島観光に対する現地の反応
  5 おわりに

あとがき
人名索引
事項索引

このページのトップへ

内容説明

人は何を求めて旅をするのか

楽園、郷土、国家、恋愛、自由……。
戦前から現代まで、わたしたちは「観光地」に何をみたのか。
観光と空間イメージの相互作用を探究する。


【著者紹介】
神田孝治
(かんだ・こうじ)
1974年愛知県生まれ。2004年大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(文学)。
現在、和歌山大学観光学部准教授。専門は文化地理学、観光学。
共  著:『文化地理学ガイダンス─あたりまえを読み解く三段活用─』(ナカニシヤ出版, 2006年)。
編  著:『観光の空間─視点とアプローチ─』(ナカニシヤ出版, 2009年)、『レジャーの空間─諸相とアプローチ─』(ナカニシヤ出版, 2009年)。
共 編 著:『観光入門─観光の仕事・学習・研究をつなぐ─』(新曜社, 2011年)。
分担執筆:『よくわかる観光社会学』(ミネルヴァ書房, 2011年)、『「観光のまなざし」の転回─越境する観光学─』(春風社, 2004年)、『ツーリズムの文化研究』(京都精華大学創造研究所, 2001年)。

* 本書の著者紹介にて誤りがございました。訂正し、お詫び申しあげます。

誤:専門は文化地理学、観光学専攻。

正:専門は文化地理学、観光学。

このページのトップへ

関連書籍

観光学ガイドブック

観光学ガイドブック

観光学研究はこの一冊からスタートしよう。

 
レジャーの空間

レジャーの空間

レジャーという現象を読み解く初の空間論

著者:神田 孝治 編著
 
 
観光の空間

観光の空間

観光という現象を読み解く初めての空間論

著者:神田 孝治 編著
 
 

このページのトップへ