ホーム > パーソナリティ心理学概論

パーソナリティ心理学概論

性格理解への扉

パーソナリティ心理学概論

あの人はこういう人…と決めつけていませんか?経験的にある程度わかる「人の見方」に科学的な視点を身に付ける楽しい性格心理学入門

著者 鈴木 公啓
ジャンル テキスト
心理学 > 概論
教養・共通科目 > 教養科目
出版年月日 2012/04/01
ISBN 9784779506383
判型・ページ数 B5・242ページ
定価 本体2,400円+税
 

目次

はじめに

1 パーソナリティとその概念および歴史
0. はじめに
1. 性格とは
2. 性格心理学の歴史
3. パーソナリティ心理学の再整理
4. おわりに

2 パーソナリティの諸理論
0. はじめに
1. 特 性 論
2. 類 型 論
3. その他の理論
4. おわりに

3 パーソナリティと相互作用論
0. はじめに
1. 「性格」は存在しない?
2. パーソナリティの一貫性
3. 相互作用論的アプローチ
4. おわりに

4 パーソナリティと遺伝
0. はじめに
1. 個人差を遺伝と環境由来に分解する
2. 相関関係を遺伝と環境由来に分解する
3. 遺伝と環境の交互作用を分析する
4. おわりに

5 パーソナリティと発達―青年期まで―
0. はじめに
1. 気質とは
2. 新生児期からみられる行動の個人差
3. 乳児期・幼児期における行動特徴と経年変化
4. 児童期・思春期のパーソナリティの発達と不適応行動
5. 青年期のアイデンティティの確立
6. おわりに

6 パーソナリティと発達―成人期以降―
0. はじめに
1. 成人期以降のパーソナリティ特性
2. 高齢期への適応とパーソナリティの生涯発達
3. おわりに

7 パーソナリティと学校での関係
0. はじめに
1. 学校における関係の重要性
2. 子ども-教師の関係におけるパーソナリティ
3. 子ども-子どもの関係におけるパーソナリティ
4. 子どもと学校・学級の関係におけるパーソナリティ
5. 学校場面におけるパーソナリティ心理学の活用
6. おわりに

8 パーソナリティと友人関係
0. はじめに
1. 現代青年の友人関係
2. パーソナリティと対人魅力
3. 友人の数
4. おわりに

9 パーソナリティと親密な関係
0. はじめに
1. パーソナリティと親密な関係の形成
2. パーソナリティと親密な関係の悪化
3. パーソナリティと親密な関係の維持
4. おわりに

10 パーソナリティと家族関係
0. はじめに
1. 発達環境としての家庭―親子関係,きょうだい関係に焦点を当てて―
2. 夫婦の関係性と子どものパーソナリティ
3. システムとナラティヴの視点からみたパーソナリティ―家族心理学の観点を援用して―
4. おわりに

11 パーソナリティと社会的認知
0. はじめに
1. 社会的認知におけるパーソナリティ
2. 符号化における個人差
3. 期待と信念における個人差
4. 目標や自己制御における個人差
5. 新しい研究の方向性―潜在指標を用いた研究―

12 パーソナリティと自己意識的感情
0. はじめに
1. 各自己意識的感情の定義と認知プロセス
2. 自己意識的感情の感じやすさと適応
3. 自己意識的感情にかかわるパーソナリティ
4. おわりに

13 パーソナリティと感情
0. はじめに
1. パーソナリティと感情経験
2. 感情の情報処理過程の個人差
3. おわりに

14 パーソナリティと文化
0. はじめに
1. 「文化とパーソナリティ」研究
2. 比較文化心理学とパーソナリティ
3. 文化心理学とパーソナリティ
4. おわりに

15 パーソナリティと病理
0. はじめに
1. パーソナリティの正常と異常
2. パーソナリティ障害
3. パーソナリティと病理
4. おわりに

16 パーソナリティと測定―質問紙法と投影法―
0. はじめに
1. 質問紙法
2. 投 影 法
3. 妥当性と信頼性
4. おわりに

17 パーソナリティと測定―面接法と観察法―
0. はじめに
1. パーソナリティと面接法
2. パーソナリティと観察法
3. おわりに

文  献
索  引
おわりに

コラム
コラム1 パーソナリティとシステム
コラム2 パーソナリティ心理学の研究によく出てくる統計用語
コラム3 血液型とパーソナリティ
コラム4 「状況」を捉えることの難しさ
コラム5 パーソナリティの遺伝子探し
コラム6 知能の遺伝
コラム7 子ども期のTemperament and Character Inventory―ジュニア版TCIと就学前版TCI―
コラム8 高齢期に多い精神疾患とパーソナリティへの影響
コラム9 教師からみたパーソナリティ
コラム10 スクールカウンセラーからみたパーソナリティ
コラム11 苦手意識が強い人の特徴は?
コラム12 自己評価維持と友人選択
コラム13 自己制御と親密な関係における暴力
コラム14 親密な関係における排他性の光と影
コラム15 ステップファミリーという家族形態
コラム16 多世代での子育てと家族の発達
コラム17 日常生活の自己制御
コラム18 神経科学に関する研究
コラム19 羞恥心と自己意識的感情の機能
コラム20 感謝の感じ方は人それぞれ
コラム21 自己認知の個人差と感情
コラム22 パーソナリティが先か,感情が先か
コラム23 個人主義-集団主義の測定と分析
コラム24 関係流動性と独自性欲求
コラム25 パーソナリティと身体疾患のリスク
コラム26 身体疾患によるパーソナリティ変化
コラム27 質問紙法による因果関係の推定にまつわる問題
コラム28 調査面接と臨床面接―良質の実践を目指して―
コラム29 学校場面における観察研究実践例

このページのトップへ

内容説明

性格を見つめる科学の本!

パーソナリティに関連するテーマについて
幅広く,そしてバランス良く扱われており,
内容も古典から最新のものまで充実。
これまでとはどこかが違う,正統派のテキスト。
パーソナリティ心理学の学びに必携!

【著者紹介】(*は編者)

鈴木公啓*(すずき・ともひろ)
東京未来大学こども心理学部助教

●章およびコラム執筆者
青林唯・浅井智久・浅野良輔・薊理津子・荒川歩・江村早紀・大久保智生・川島大輔・河野直子・蔵永瞳・黒田真由美・佐藤史緒・敷島千鶴・下田俊介・東海林麗香・荘島幸子・菅 さやか・菅原健介・菅原ますみ・鈴木公啓・髙橋雄介・竹村幸祐・太幡直也・友野隆成・原島雅之・日向野智子・本田周二・牧 郁子・松浦素子・矢澤美香子・山形伸二・山田幸恵(五十音順)

このページのトップへ