ホーム > ビジネス倫理の論じ方

ビジネス倫理の論じ方

ビジネス倫理の論じ方

現代世界で噴出する「ビジネスと倫理」をめぐる錯綜した議論を歴史的観点から捉え返し、ビジネス・エシックスの新たなる可能性を探る

著者 佐藤 方宣
ジャンル テキスト
経済・経営 > 経済学
出版年月日 2009/05/01
ISBN 9784779503429
判型・ページ数 4-6・296ページ
定価 本体2,600円+税
 

目次

序 章 倫理はなぜ/いかにしてビジネスの問題となるのか―――――佐藤方宣

第一章 企業とビジネス:社会的責任はどう問われたか―――――――佐藤方宣

第二章 社会的企業:どこまで何を求めうるか―――――――――――髙橋 聡

第三章 組織と仕事:誰のために働くのか―――――――――――――中澤信彦

第四章 競争と格差:何のために競うのか―――――――――――――太子堂正称

第五章 消費者主権:お客様は神様か―――――――――――――――原谷直樹

第六章 食と安全:何がどう問われるのか―――――――――――――板井広明

第七章 企業と国家:国境を越える責任とは――――――――――――中山智香子

このページのトップへ

内容説明

ビジネスに「倫理」は問えるのか?
CSR、競争と格差、食品偽装、働くことの意味、グローバル化……。現代世界で噴出する「ビジネスと倫理」をめぐるさまざまな問い。それはしかし、いまに始まった問題ではない。錯綜する議論を歴史的観点から捉え返し、現代の「ビジネス・エシックス」の新たなる可能性を探る!

■編著者による紹介ページへ

「気になる話題」関連本ブログで紹介しました【2009/10/15】

 

【著者紹介】(*は編者)
佐藤方宣*(さとう・まさのぶ)
大東文化大学経済学部特任講師
慶應義塾大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学

髙橋聡(たかはし・さとし)
中央大学 他 非常勤講師
中央大学大学院経済学研究科博士後期課程満期退学

中澤信彦(なかざわ・のぶひこ)
関西大学経済学部教授
大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学

太子堂正称(たいしどう・まさのり)
東洋大学経済学部講師
京都大学大学院経済学研究科博士課程修了

原谷直樹(はらや・なおき)
東京大学大学院総合文化研究科博士課程
Erasmus Institute for Philosophy and Economics, Erasmus University Rotterdam, MPhil Programme修了

板井広明(いたい・ひろあき)
関東学院大学 他 非常勤講師
横浜市立大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学

中山智香子(なかやま・ちかこ)
東京外国語大学大学院総合国際学研究科准教授
ウィーン大学大学院経済学研究所博士課程修了

このページのトップへ

関連書籍

功利主義の逆襲

功利主義の逆襲

気鋭の論者達による功利主義復活の狼煙。

著者:若松 良樹
 
認知資本主義

認知資本主義

「認知資本主義」を分析する初めての解説書

著者:山本 泰三
 
 

このページのトップへ