ホーム > キャリアの心理学

キャリアの心理学

キャリア支援への発達的アプローチ

目次

まえがき――改訂にあたって
  
序 章 キャリアの心理学に不可欠の基本
 1. 発達とは
 2. 「キャリア」とは
  (1)普通名詞・動詞としての「キャリア」 / (2)代表的な定義 / (3)キャリアに含まれる意味
 3. キャリア発達鳥瞰図の紹介
  (1)特性論からのアプローチ / (2)精神力動からのアプローチ / (3)学習理論からのアプローチ / (4)発達論からのアプローチ
  
第1章 ドナルド・スーパー:自己概念を中心としたキャリア発達
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
 3. キャリア発達の理論的アプローチの14の命題
 4. キャリア発達の理論的アプローチの主要な構成概念
  (1)キャリア自己概念 / (2)職業適合性 / (3)ライフ・スパン/ライフ・スペースの理論的アプローチ
 5. 考 察
  
第2章 ジョン・ホランド:環境との相互作用によるキャリア行動の発達
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
 3. 理論の概略
  (1)キャリア発達段階説への批判 / (2)職業選択からキャリアへ
 4. 理論の構成
  (1)6角形モデル / (2)パーソナリティ・タイプの発達
 5. 考察:最近の動向
  
第3章 ジョン・クルンボルツ:学習理論からのアプローチ
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
  (1)行動の獲得:学習 / (2)自己効力感
 3. 理論上の主要概念
  (1)キャリア意思決定に影響を与える要因 / (2)4要因の結果としての信念・スキル・行動
 4. キャリア・カウンセリングへの応用
  (1)クライアントが対処しなければならない動向 / (2)キャリア・カウンセリングの目標 / (3)キャリア・カウンセリングの介入方法 / (4)計画された偶発性
 5. 考 察
  
第4章 ハリィ・ジェラット:キャリア発達における意思決定
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
  (1)予測システムと価値システム / (2)ジェラットの前期理論?主観的可能性 / (3)探索的決定と最終的決定 / (4)ジェラットの前期理論?連続的意思決定プロセス
 3. 理論上の主要概念
  (1)後期理論の社会的背景 / (2)積極的不確実性
 4. キャリア・カウンセリングへの応用
 5. 考察:ジェラットの理論の日本における有用性
  
第5章 エドガー・シャイン:組織内キャリア発達
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
  (1)発達的視点 / (2)臨床的視点
 3. 理論上の主要概念
  (1)3つのサイクルとその段階 / (2)キャリア・サイクル / (3)キャリア・アンカー / (4)キャリア・サバイバル
 4. キャリア・カウンセリングへの応用
  (1)キャリア・アンカー / (2)職務・役割プランニング
  
第6章 ナンシィ・シュロスバーグ:人生上の転機(トランジション)とその対処
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
  (1)成人の発達を捕える4つの視点 / (2)転機への対処プロセス
 3. 理論上の主要概念
  (1)トランジション(転機)へのアプローチ:転機の識別,転機のプロセス / (2)対処のための資源を活用する / (3)転機に対処する:資源を強化する
 4. カウンセリングへの応用
 5. 考 察
  
第7章 ダグラス・ホール:関係性アプローチ
 1. 個人的背景
 2. 理論上の主要概念
  (1)キャリアについて / (2)プロティアン・キャリア / (3)プロティアン・キャリアに必要な2つのメタ・コンピテンシー / (4)キャリア意思決定
 3. キャリア・カウンセリングへの応用
  (1)プロティアン・キャリアを促進させる10のステップ / (2)キャリア発達を促す人間関係
 4. 考 察
  
第8章 サニィ・ハンセン:統合的キャリア発達
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
 3. 理論上の主要概念
 4. キャリア・カウンセリングへの応用
 5. 考 察
  
第9章 マーク・サビカス:キャリア構築理論
 1. 個人的背景
 2. 理論的背景
  (1)スーパーの理論的アプローチ / (2)社会構成主義
 3. 理論上の主要概念
  (1)職業パーソナリティ / (2)キャリア・アダプタビリティ / (3)ライフテーマ
 4. キャリア・カウンセリングへの応用
  (1)キャリア・アダプタビリティのアセスメント / (2)ライフテーマの発見
 5. 考 察
  
第10章 新しい潮流:カオス理論の応用
  (1)「複雑系」とは / (2)カオス理論とは / (3)キャリア行動への応用 / (4)まとめ
  
  結び:外国で育った理論の理解の困難さを再認識

このページのトップへ

内容説明

キャリア・カウンセリングの基盤となるキャリア発達の理論を、代表的研究者を取り上げて解説。改訂にあたり、理解の前提となる心理学の基礎的概念の解説を加え、さらにサビカスと新しい潮流を紹介する2章を新たに設けた。

【著者紹介】
渡辺三枝子(わたなべ・みえこ)
筑波大学特任教授。キャリア支援室長
ペンシルバニア州立大学大学院博士課程修了、Ph.D.取得(カウンセリング心理学、カウンセラー教育専攻)

このページのトップへ

関連書籍

キャリアカウンセリング再考[第2版]

キャリアカウンセリング再考[第2版]

転職やリワーク等、働き方の多様化に対応。

著者:渡辺 三枝子 編著
 
大学生のためのデザイニング・キャリア

大学生のためのデザイニング・キャリア

大学生活と就活をガラっと変える32ワーク

 
 
キャリアカウンセリング入門

キャリアカウンセリング入門

一人一人のキャリアを援助する理論と技法

著者:渡辺 三枝子
E.L.Herr
 
キャリアカウンセリング再考

キャリアカウンセリング再考

寄り添うだけが援助か等50のQ&Aで学ぶ

著者:渡辺 三枝子
 
 
リハビリテーション・カウンセリング

リハビリテーション・カウンセリング

障害者の自立をサポートするカウンセリング

 
女性プロフェッショナルたちから学ぶキャリア形成

女性プロフェッショナルたちから学ぶキャリア形成

彼女たちはいかに自分の人生を構築したのか

 
 
カウンセリング心理学

カウンセリング心理学

変動する社会に対峙し,原点から展開する

著者:渡辺 三枝子
 
 

このページのトップへ