ホーム > 卒論・修論をはじめるための 心理学理論ガイドブック

卒論・修論をはじめるための 心理学理論ガイドブック

卒論・修論をはじめるための 心理学理論ガイドブック

さまざまな心理学理論を道具として使いこなすための「メタ読み」の実例を満載。

著者 夏堀 睦
加藤 弘通
ジャンル テキスト
心理学 > 方法論
心理学 > 研究倫理
教養・共通科目 > 教養科目
出版年月日 2007/04/01
ISBN 9784779501616
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体2,000円+税
 

目次

1 枠組みを意識し子どもと向き合う
 J.ピアジェ『知能の誕生』

2 「ずれ」から発達が生まれる
 L.S.ヴィゴツキー『思考と言語』

3 情動は表象への扉を開ける
 H.ワロン『児童における性格の起源』

4 「うまくいかないこと」がうまくいく
 G.ベイトソン『精神の生態学』

5 なにかをやるからこそ理由が生まれる
 L.フェスティンガー『認知的不協和の理論』

6 個性が生まれるプロセス
 D.スターン『母子関係の出発:誕生からの180日』

7 極微の変化に発達の可能性をみる
 田中昌人『人間発達の科学』

8 「異文化」に赴かずに「文化」を問う
 M.コール『文化心理学』

9 「手段」を手段として精神を描く
 J.V.ワーチ『心の声』

10 教える人がいない学習
 Y.エンゲストローム『拡張による学習』

11 学習は個人の頭のなかの知識獲得ではない
 J.レイブ&E.ウェンガー『状況に埋め込まれた学習:正統的周辺参加』

12 発達、障害、進化が交差するものとしての自閉症
 S.バロン=コーエン『自閉症とマインドブラインドネス』

13 本物の「知能」は測れない
 H.ガードナー『MI:個性を生かす多重知能の理論』

14 二つのレベルの“できること”
 A.カミロフ‐スミス『人間発達の認知科学:精神のモジュール性を超えて』

15 問題を支えている関係を問う
 近藤邦夫『教師と子どもの関係づくり』

16 「美しい」発達理論から「危うさ」をはらんだ発達理論へ
 浜田寿美男『発達心理学再考のための序説』

このページのトップへ

内容説明

理論を使いこなすための「メタ読み」のすすめ
「理論」を「メタ読み」して使いこなそう! さまざまな心理学理論を道具として使いこなすための「メタ読み」の実例を満載。「メタ読み」ができれば論文・レポートのテーマもはっきり見えてくる!

【著者紹介】
夏堀 睦(なつぼり・ちか)
富士常葉大学保育学部准教授(教育心理学)

加藤弘通(かとう・ひろみち)
常葉学園短期大学保育科講師(発達心理学・臨床心理学)

このページのトップへ

関連書籍

ひとつ上をいく卒論・修論を書くための心理学理論ガイドブック

ひとつ上をいく卒論・修論を書くための心理学理論ガイドブック

研究を豊かにするメタ読みへの新たな誘い

著者:山本 睦
加藤 弘通
 
問題行動と学校の荒れ

問題行動と学校の荒れ

問題行動はなぜ継続化し,周囲に広がるのか

著者:加藤 弘通
 
 
創造性と学校

創造性と学校

学校はどのように子ども創造性を育むのか

著者:夏堀 睦
 
 

このページのトップへ