ホーム > 人格発達心理学

人格発達心理学

人格発達心理学

人間は関係のなかに生き、成長していく――人間関係と発達変化の2つの軸から人間のパーソナリティを解説するユニークなテキスト。

著者 西川 隆蔵
大石 史博
ジャンル 心理学 > 方法論
心理学 > 生理・行動
心理学 > 教育
心理学 > 発達
心理学 > 福祉
心理学 > パーソナリティ
出版年月日 2004/04/01
ISBN 9784888488372
判型・ページ数 B5・210ページ
定価 本体2,400円+税
 

目次

はじめに

第Ⅰ部 パーソナリティーの理解   

第1章 パーソナリティとは
  第1節 構成概念としてのパーソナリティ
  第2節 パーソナリティの類型論的アプローチと特性論的アプローチ
  第3節 パーソナリティの正常と異常   
  第4節 パーソナリティ発達を規定するもの

第2章 パーソナリティのアセスメント
  第1節 アセスメントとは
  第2節 パーソナリティ・テストの種類と進め方
  第3節 知能のアセスメント   
  第4節 パーソナリティ・テスト

第Ⅱ部 パーソナリティーの理解   

第3章 心の深層へのアプローチ   
  第1節 深層の分析   
  第2節 フロイトの心理・性的発達理論   
  第3節 心の全体性と個性化のプロセス―再び、ユングの分析心理学より   
  第4節 対象関係と自立のプロセス   
  第5節 精神分析における治療パラダイムの変化

第4章 自己意識と自己概念
  第1節 自己についての理論
  第2節 自己意識の発達
  第3節 自己評価と自尊心
  第4節 自己概念と適応

第5章 学習による行動習慣の獲得
  第1節 行動の研究
  第2節 条件づけ理論
  第3節 学習性無力感
  第4節 社会的学習理論
  第5節 行動主義理論からみたパーソナリティ   
  第6節 行動療法

第Ⅲ部 ライフ・サイクルとパーソナリティ発達   

第6章 愛着の発達
  第1節 愛着の起源と機能
  第2節 愛着を育むための乳児の発達基盤
  第3節 愛着の発達形成と個人差
  第4節 乳幼児期の発達を支えるために

第7章 社会性の発達
  第1節 社会性の発達
  第2節 子どもたちの遊び
  第3節 思いやりの心を育てる

第8章 アイデンティティの形成と病理   
  第1節 エリクソンの理論
  第2節 アイデンティティ達成過程の諸相   
  第3節 性アイデンティティ

第9章 中年期・高齢期におけるパーソナリティの発達
  第1節 ライフ・サイクルの変化と生涯発達的視点
  第2節 中年期のパーソナリティ
  第3節 中年期・高齢期のパーソナリティの心理社会的発達
  第4節 パーソナリティの発達と老いへの適応   

第Ⅳ部 パーソナリティ発達の諸問題   

第10章 文化とパーソナリティ
  第1節 文化人類学の業績  
  第2節 文化と人間関係   
  第3節 異文化理解と異文化適応   
  第4節 セックスとジェンダー   

第11章 家族とパーソナリティ   
  第1節 家族とは何か   
  第2節 家族のライフ・コース  
  第3節 まとめ

第12章 母性と子育ての比較行動学   
  第1節 比較行動学の視点でヒトをみる   
  第2節 母性について考える   
  第3節 子育ての文化   

第13章 ストレスとパーソナリティ変容   
  第1節 ストレス   
  第2節 パーソナリティ変容   
  第3節 トラウマ   

索 引

このページのトップへ

内容説明

人間は関係のなかに生き、成長していく――人間関係と発達変化の2つの軸から人間のパーソナリティを解説するユニークなテキスト。パーソナリティの諸理論から、その発達及び文化・家族におけるパーソナリティまで。

【著者紹介】
西川 隆蔵(にしかわ・りゅうぞう)
帝塚山学院大学人間文化学部教授。
大石 史博(おおいし・ふみひろ)
関西福祉科学大学社会福祉学部教授。 

このページのトップへ

関連書籍

テキスト心理学

テキスト心理学

多領域の最新研究成果を網羅した心理学概論

著者:大石 史博
 
障害臨床学ハンドブック[第2版]

障害臨床学ハンドブック[第2版]

精神障害の章やDSM-5等最新動向を追加

 
 
スタディガイド心理学

スタディガイド心理学

好評テキストがコラムの追加でさらに充実!

 
発達臨床心理学ハンドブック

発達臨床心理学ハンドブック

様々な障害とその支援を発達的観点から解説

 
 
障害臨床学

障害臨床学

近年の動向をふまえた最新の障害臨床を解説

 
 

このページのトップへ