ホーム > 京都狛犬巡り

京都狛犬巡り

内容説明

京都の神社へ奉納する狛犬を刻むのに各地の石工が燃えないはずはないのだ。秀犬、猛犬、珍犬、駄犬、迷犬の揃い踏み。京都(府下も含む)の全狛犬徹底調 査! 狛犬はどこで作られ、どこから来たのか。調査結果から見えてきた狛犬の生態。狛犬と神社を楽しむためのガイドブック。京都狛犬巡りモデルコース付き。

【著者紹介】
小寺 慶昭(こてら・よしあき)
1948年、京都市に生まれる。京都教育大学国文科を卒業後、1970年に京都府下中学校教諭となる。1972年から20年間、京都教育大学教育学部附属京都中学校に勤務。1988年からは同校副校長。1992年から京都府総合教育センターに勤務。1995年より龍谷大学文学部助教授となり、現在に至る。1992年10月には、狛犬研究で宇治市の「第二回紫式部市民文化賞」を受賞。
主なる研究分野……教師教育研究・作文教育・江戸文芸関係
著書と主な論文……『授業研究・イメージの質を高める授業』(附京中刊),『狛犬学事始』,『大阪狛犬の謎』(ナカニシヤ出版),『小倉一百人一首を学ぶ人のために』(共著・世界思想社)、「教育実習生の研究1・2」(龍谷大学論集501号・504号)その他。

このページのトップへ

関連書籍

大阪(なにわ)狛犬の謎

大阪(なにわ)狛犬の謎

石造参道狛犬のルーツは大阪にあった

著者:小寺 慶昭
 
 

このページのトップへ