ホーム > 宮野 真生子

宮野 真生子

名前 宮野 真生子
カナ ミヤノ マキコ
 

プロフィール

1977年 大阪府に生まれ、その後和歌山県で育つ。 2000年 京都大学文学部文学科卒業。 2007年 京都大学大学院文学研究科博士課程(後期)単位取得満期退学。 現 在 福岡大学人文学部准教授。(日本哲学史専攻) 著訳書 『なぜ、私たちは恋をして生きるのか』(ナカニシヤ出版、2014年)、『「おのずから」と「みずから」のあわい』〔共著〕(東京大学出版会、2010年)、『技術と身体』〔共著〕(ミネルヴァ書房、2006年)、「死と実存協同――無常を超えて偶然を生きる」(『倫理学年報』第62集、2013年)、「九鬼周造の存在論理学」(『西日本哲学年報』第19号、2011年、西日本哲学会若手奨励賞受賞)、「「倫理」としての「偶然性」」(『理想』第685号、2010年)、「個体性と邂逅の倫理――田辺元・九鬼周造往復書簡から見えるもの」(『倫理学年報』第55集、2006年、日本倫理学会和辻賞受賞)、他。

このページのトップへ

著作一覧

家族

家族

現実に追いつくため、今「家族」を考える。

 
性

想い渦巻く「性」の議論を,知で解きほぐす

 
 
愛

「愛」の一語が秘めた思想史の扉を開く

 
なぜ、私たちは恋をして生きるのか

なぜ、私たちは恋をして生きるのか

いま日本を生きる私たちのための恋愛の哲学

著者:宮野 真生子
 
 

このページのトップへ