ホーム > 池田 理知子

池田 理知子

名前 池田 理知子
カナ イケダ リチコ
 

プロフィール

1995年,オクラホマ大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。現在,国際基督教大学教養学部教授。専門はコミュニケーション学。主要著作に,『よくわかる異文化コミュニケーション』(2010年,ミネルヴァ書房)『メディア・コミュニケーション論』(2010年,ナカニシヤ出版),『時代を聞く―沖縄・水俣・四日市・新潟・福島』(2012年,せりか書房),『メディア・リテラシーの現在―公害/環境問題から読み解く』(2013年,ナカニシヤ出版),『シロアリと生きる―よそものが出会った水俣』(2014年,ナカニシヤ出版)など。

このページのトップへ

著作一覧

日常から考えるコミュニケーション学

日常から考えるコミュニケーション学(単行本)

日常を振り返り、考える、基礎テキスト

著者:池田 理知子
 
シロアリと生きる

シロアリと生きる

水俣から届いた3.11後の私たちの共生論

著者:池田 理知子
 
 
メディア・コミュニケーション論

メディア・コミュニケーション論

コミュニケーションとは一体何であるのか?

著者:池田 理知子 編著
松本 健太郎 編著
 
メディア・リテラシーの現在(いま)

メディア・リテラシーの現在(いま)

3.11以後の新たな対話の地平を拓く

著者:池田 理知子
 
 

このページのトップへ