ホーム > 後藤 雄太

後藤 雄太

名前 後藤 雄太
カナ ゴトウ ユウタ
 

プロフィール

1972年 岐阜県生まれ。 1995年 広島大学文学部哲学科インド哲学専攻卒業。 1999年 広島大学大学院文学研究科博士課程後期倫理学専攻修了。博士(文学)(広島大学)。 現 在 北海道情報大学准教授。哲学・倫理学専攻。 著 作 『人間論の21世紀的課題6 教育と倫理』〔共著〕(ナカニシヤ出版,2008年),『情報倫理学入門』〔共著〕(ナカニシヤ出版,2004年),「東洋哲学における〈自己への配慮〉と〈平和〉――ガンディーとティク・ナット・ハンの実践と思想から」(『ぷらくしす』第17号,2016年),「スピリチュアル・ペインは癒やされうるか――死生観の転回構造」(『医学哲学医学倫理』第23号,2005年),「ニーチェとハイデガーにおけるニヒリズムの「超克」,あるいは〈解消〉」(『倫理学年報』第47集,1998年),他。

このページのトップへ

著作一覧

存在肯定の倫理Ⅰ ニヒリズムからの問い

存在肯定の倫理Ⅰ ニヒリズムからの問い

虚無主義が浸透した時代を生きる者の必読書

著者:後藤 雄太
 
教育と倫理

教育と倫理

モラルとは。モラルを教育することとは。

 
 

このページのトップへ