ホーム > 橘木 俊詔

橘木 俊詔

名前 橘木 俊詔
カナ タチバナキ トシアキ
 

プロフィール

橘木俊詔(たちばなき・としあき) 1943年兵庫県生まれ。小樽商科大学卒業。大阪大学大学院修士課程修了。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学教授,同志社大学教授などを経て,現在京都女子大学客員教授,京都大学名誉教授。専門は労働経済学,公共経済学。元日本経済学会会長。 著書:『21世紀日本の格差』(岩波書店,2016年),『日本人と経済』(東洋経済,2015年),『「幸せ」の経済学』(岩波現代全書,2013年),『女性と学歴』(勁草書房,2011年),『日本の教育格差』(岩波新書,2010年),『女女格差』(東洋経済新報社,2008年),『格差社会 何が問題なのか』(岩波新書,2006年),『日本の経済格差』(岩波新書,1998年)など多数。

このページのトップへ

著作一覧

ポピュリズムと経済

ポピュリズムと経済

経済学者の視点でポピュリズムを斬る!

著者:橘木 俊詔
 
ほどほどに豊かな社会

ほどほどに豊かな社会

心も経済も「ほどほど」がいちばん!

 
 
企業の一生の経済学

企業の一生の経済学

誕生からその「死」まで企業の一生を考える

 
 

このページのトップへ