ホーム > 鮫島 輝美

鮫島 輝美

名前 鮫島 輝美
カナ サメシマ テルミ
 

プロフィール

1968年生まれ。京都光華女子大学健康科学部看護学科 講師。 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。博士(人間・環境学)。 専門は,理論看護学,グループダイナミックス。医療・看護・介護だけでなく,支援を広く捉え,社会的弱者にとって生きやすい社会,継続可能な社会とは何か,を考え続けている。 主な論文に,「『身体の溶け合い』を通じた『共育』としての新たな認知症介護支援―家族介護者・支援者の『語り』の分析から」(集団力学, 31, 98-123. 2014 共著),「『身体の溶け合い』による母乳育児を基盤とした子育て支援―尼崎市・福井母乳育児相談室の事例」(集団力学, 30, 109-130. 2013),「現代医療における医師-患者関係の問題点とその克服」(集団力学, 27, 33-61. 2010)がある。

このページのトップへ

著作一覧

「生きづらさ」に寄り添う〈支援〉

「生きづらさ」に寄り添う〈支援〉

要支援者を主体化する新たな支援を考える。

著者:鮫島 輝美
 
 

このページのトップへ