ホーム > 稲葉 振一郎

稲葉 振一郎

名前 稲葉 振一郎
カナ イナバ シンイチロウ
 

プロフィール

1963年東京都生まれ。
明治学院大学社会学部社会学科教授(社会倫理学)。
一橋大学社会学部卒業。
東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。
岡山大学経済学部講師、助教授を経て、2005年より現職。
著書に、『ナウシカ解読 ユートピアの臨界』(窓社)、『リベラリズムの存在証明』(紀伊國屋書店)、『経済学という教養』(ちくま文庫)、『オタクの遺伝子 長谷川裕一・SFまんがの世界』(太田出版)、『「資本」論 取引する身体/取引される身体』(ちくま新書)『モダンのクールダウン』『「公共性」論』(NTT出版)、『社会学入門 〈多元化する時代〉をどう捉えるか』(日本放送出版協会)、『不平等との闘い』(文春新書)ほか。

このページのトップへ

著作一覧

宇宙倫理学入門

宇宙倫理学入門

宇宙開発が哲学にもたらすインパクトは何か

著者:稲葉 振一郎
 
 

このページのトップへ