ホーム > 矢原 隆行

矢原 隆行

名前 矢原 隆行
カナ ヤハラ タカユキ
 

プロフィール

1968 年/宮崎県生まれ 1991 年/九州大学文学部卒業 2000 年/九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学 現在/広島国際大学医療福祉学部教授 共著書に 『[新版]構築主義の社会学』(世界思想社,2006) 『ナラティヴからコミュニケーションへ―リフレクティング・プロセスの実践』(弘文堂,2008) 『ナラティヴ・アプローチ』(勁草書房,2009) 『家族療法テキストブック』(金剛出版,2013) 共訳書に J. A. ホルスタイン& J. F. グブリアム『アクティヴ・インタビュー― 相互行為としての社会調査』(せりか書房,2004) T. マリネンほか『会話・協働・ナラティヴ―アンデルセン・アンダーソン・ホワイトのワークショップ』(金剛出版,2015)

このページのトップへ

著作一覧

リフレクティング

リフレクティング

対話的な空間を模索する画期的な会話方法

著者:矢原 隆行
 
 

このページのトップへ