ホーム > 石上 浩美

石上 浩美

名前 石上 浩美
カナ イシガミ ヒロミ
 

プロフィール

大阪府生まれ。大阪教育大学大学院教育学研究科修了,奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程単位修得退学,教育学修士。大手前大学総合文化学部准教授。専門は教育心理学(学習・教育評価),教師教育学。学校や地域における体験活動集団をフィールドとしたアクション・リサーチ研究,保育士・教師のキャリア発達支援のための養成・採用・研修モデルの構築に関する調査・研究を行っている。 「教員の自己形成およびキャリア形成支援モデル」の開発に関する研究(学術研究助成基金助成金基盤研究C) https://kaken.nii.ac.jp/d/p/24530842.ja.html 最近は,音楽やアクティブ・ラーニングの手法を用いたワークショップ形式での学習活動集団づくり,地域コミュニティづくりにも取り組んでいる。 主な著作として『教育心理学―保育・学校現場をよりよくするために』(共編著,嵯峨野書院,2016 年),『保育と表現』(共編著,嵯峨野書院,2015 年),『保育と言葉』(共編著, 嵯峨野書院,2013 年)など。

このページのトップへ

著作一覧

キャリア・プランニング

キャリア・プランニング

アクティブな学びを重視したワークテキスト

著者:石上 浩美 編著
中島 由佳 編著
 
 

このページのトップへ